おまとめローンが審査落ちで通らない

カードローンの審査落ちの原因

 

銀行系のカードローンに申し込みをして、審査に落ちてしまう原因は何なんでしょうか

各銀行にはそれぞれで独自の審査基準があり、申し込みのあった方のデータをみて

それぞれの審査基準に照らし合わせ、融資を行うか、行わないかの判断を下します。

審査の項目の要素は一つだけではなくいくつかの項目について審査されます、

ですので、残念にもカードローンの審査に落ちたとしたらその原因はいくつか読み取れます。

 

申込書に偽りはなかったか

 

よくある、審査落ちの原因のなかで多いのが、申込書の記載で偽りを記入するケースです。

このケースが、審査落ちの一番多いケースに当たると思います。

カードローンの申し込みのあった銀行は書類上だけで調査・審査をしますので、この道にかけては

プロ中のプロであり偽りを記入しても見破ってしまうでしょう。

おまとめローンはいくつかの金融機関から融資を受けているものをまとめて一本化するわけですから

何社かの借入先があり申込書にそれらを記入しなくてはなりません、決して少なめに記入しても

銀行は調査会社を通じてあなたの過去の金融機関との取引データを入手できますので

偽りを記入しても、ばれてしまいます。ですので申込書の記入は正直に書き込むことです。

 

融資希望金額が多すぎなかったか

 

銀行のカードローンは金融系の法律の総量規制の枠外のため、融資金額の上限が年収の

3分の1までという規制を受けませんが、年収に比べあまりにも大きな金額を融資希望金額としても

審査落ちの原因になるでしょう、おおむねおちつくところは年収の2分の1くらいです。