おまとめローンが通らない年収

借り入れできる金額と年収の比較

 

何年かまえに金融の法律で、総量規制という法律ができて消費者金融で貸出できる金額の

上限が定められました、それによると年収の3分の1までしか貸し出しができないようになりました。

銀行のおまとめローンはその規制から外されているため、年収の3分の1という枠はありません。

おおよそ年収の2分の1くらいは借り入れできるようです。

 

 

借入金額よりも借入件数

 

上記で記入したように、おおよそ年収の2分の1はおまとめローンで借入可能です、

借入金額よりも、借入件数だとも言われています。というのは先日おまとめローンに友人が

申し込みをして断られました、本来ならばどうしてダメになったかは銀行側としては言わないのですが

友人がしつこく聞いたとこによると、おまとめにする他社の借入件数が多かったからとの返事でした。

友人は5社から借り入れをしていました、それなので友人は借入先を5社から3社くらいに減らすべく

頑張っています。借入先を3社にしてからまたおまとめローンに申込するそうです。

 

申し込み情報は3か月でクリアー

 

借り入れの申し込みをすると、その申し込みの合否にかかわらず信用調査会社には、あなたが申し込みを

したというデータが残されます。その申し込みのデータは3か月保持され破棄されるといわれています。

ですからある銀行で、おまとめローンの審査に落ちたとしたら、短い期間で別の銀行に申し込んでも

おそらく断られるでしょう、最低3か月の期間を開けて、またボーナスなどで借入している件数などを

減らして条件を変えて申請しなければ無理でしょう。